ペット変(飼)えます

ペット飼育可マンション化のお手伝い

ペット飼育マンションとの共存・共生

すでにペットの飼育が許可されているマンション。
これからペット飼育を許可しようとするマンションのお手伝い。

ペット飼育 マンションの事例? ペットトラブルペットとの共生(ペットマナーの向上)
Aマンション(57戸)。最近のペットブームに合わせて俊工された築3年の新しいマンション。
屋上にはドッグランスペースもあったりとペット飼いに配慮された造りになっている。
しかしながらペット飼育可とは言え、実際に自宅で飼っている方は全体の6割に過ぎず、ここ最近は鳴き声や臭いなどによるトラブルが増加している。
ペット飼育 不可マンションの事例? ペットと仲良く!ペットと共存(ペット飼育への開放)
Bマンション(43戸)こちらは築20年の主に1LDKを中心とした単独者向けの投資型マンション。
そこそこ古くなってきた事と、周辺に同様なマンションが増えたことも相まって、ちらほら空室も目立ってきた。
マンションでは犬・ネコなどのペットの飼育は禁止だが、住民の中には密かに猫を飼っている方も複数、目撃されている。
又、最近は仲介不動産屋からのペット飼育の許可についての相談も増えている。

さてどうする?

Aマンションでは、関連事業「 ペットは家族の一員」と連携し、
トレーナーやシッターによる「しつけ教室」を定期的に行っている。
Bマンションでは、ペット規約に詳しいマンション管理士の指導の元、
ペット飼育可マンションに向けて新たなスタートを切り出した。

管理組合運営に通じた当社だからこそのサービス