マンションを再生する3つのカテゴリー

1.会計変えます!
管理組合会計代行お引き受け日本一

images-89
会計理事の離脱、部分管理への移行、
会計書式の整理

2.管理変えます!
小規模マンションの欲張らない管理

images-89
割高な管理経費、身の丈管理、
中間マージンの削減

3.スラム化変えます!
消えゆく建物必要最小限の管理

images-89
必要最低限の管理、リゾートマンションの
管理、ストップスラム化

再生をサポートする2つのカテゴリー

1.ペット変(飼)えます!
ペット達と住民との共存共生

images-89
ペットとの共生、ペットとの共存、
ペット委員会の運営補助

2.理事会変えます!
マンション管理士による理事会支援

images-89
理事のなり手不足、安定した
理事会運営、重責からの解放

会社概要
ニッチ &グローバル

images-89
時代のニーズに備えた「管理ツール」を
ご用意いたします

お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

マンション管理組合の会計代行

マンション管理組合の会計代行

マンション管理組合の会計全般を代行するサービスです。

個別・月次集計/収支報告/決算書作成/
業者への支払い/滞納者への請求など

会計代行事例(1)–なり手がいない!会計理事の離脱(自主管理組合のケース)
Aマンション(25戸)もうかれこれ30年以上自主管理で運営している。
特に会計の担当は理事の持ち回りで、パソコンの簡易的な計算ソフトを使用して取りまとめている。
ところが最近、その作業量と責任の重さから会計のなり手が決まらず本当に困っている。

会計代行事例(2)–自分たちの手で!部分(一部)管理への移行(管理経費の削減)
Bマンション(120戸)。昨年まではマンション管理大手のH社による総合管理だったが、
老朽化に伴う度重なる管理費などの値上げに住民らが一念発起!
会計や建物・設備に詳しい「定年退職したばかり」の住民同士が集まって、自分たちの手で部分管理を目指すことにした。
 さてどうする?

管理組合会計を当社が代行することになった
月々/なんと28,000円!
また、現在の会計理事には「監査」という立場でお目付役をお願いした。

  トピックス
工事資金調達のための金融機関向け会計資料を作成します!
大規模修繕工事などのまとまった資金を借り入れするには、しかるべき会計書式に則った書類(財務書類)を提出しなくてはなりません。
当社では何らかの事情により、決算書などの書類が未整理な管理組合様に代わって、スピーディな作成をお約束します。

お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

小規模マンションの総合管理

小規模マンションの総合管理

主に 30世帯前後の小規模マンションの総合管理です。

小さな工夫で大きな節約、
身の丈に合った建物管理を目指します。

管理事例(1)–費用を見直そう割高な管理経費(適正価格への見直し)
Aマンション(13戸)。当初からマンションを手掛けた大手デベロッパー系の管理会社に管理を委託している。
これまで特に大きなトラブルも無く、管理内容も全てにおいて「そつなく」こなしていたが、たまたまお隣の同程度のマンションの管理内容を伺う機会があって、その金額の安さに愕然としてしまった。

管理事例(2)–現状に即しているか!身の丈管理(オーバークオリティからの解放)
Bマンション(28戸)小規模ながらも高級住宅地に建つ築15年のマンション。
管理会社も高級マンション管理で名高いS社。その雰囲気もあってか清掃員の他にコンシェルジュを配備。マンションフロントでのクリーニング代行やタクシー配車、宅配弁当の手配など至れり尽くせり。
それも、今や種々雑多なサービスをスマートフォン一台で手軽に享受できる時代、住民からはこれら過剰サービスの必要について疑問の声が上がっている。
 さてどうする?

まずは住民アンケートを実施して、
不必要なサービスを排除。
身の丈に合った管理を実現すべく、当社へと総合管理を移行した。

  ポイント
直接契約でマージンを排除!
最近はどこの管理会社もその本社経費については大差なく、大抵は取引業者との提携による中間マージンで利潤を得ています。
そこで当社では、取引業者と管理組合が直接契約を結ぶことで中間マージンを排除します。
各取引業者も実績ある企業ばかりですから責任所在も明確です。

お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

スラム化変えます

スラム化マンション管理は横浜サンユー株式会社

スラム化(管理不全)マンションの再生・活性

2020年代のマンション。超高齢化・膨大な空き室・スラム化マンション
そんなマンションの再生・活性化をお手伝いします。

スラム化再生事例–マンションの再生!必要最低限の建物管理
Aマンション(40戸)。ターミナル駅からも近く、住環境も整っている地域の築40年のマンション。
その土地オーナーとの「等価交換」によって建てられて、最上階の全室をオーナーが所有し、
そのまま何十年も理事長として「居座って」いた。
ワンマン運営が災いしてポンプ点検はおろか消防点検さえ実施されていない。
気がつけば近所でも有名な?「お化けマンション」になっていた。
 さてどうする?

管理組合の理事を刷新し、建物管理を当社へ委託。
新体制のもと、まずは建物全体の詳細な調査を実施し、会計書類も整備。
何と15年ぶりに総会を開催、優先順位に従って組合運営を始動することとした。

リゾートマンションの活用事例–修繕費は大丈夫!部分(一部)継続か解散か?究極のコストダウン
Bマンション(100戸)富士五湖のほとりに建つ築43年のマンション。
高度成長”末期”に建てられたいわゆる「リゾートマンション」のはしりである。
所有者の大半が富裕層だったため、当初の20年ほどは管理面においては問題もなかったが、その後のバブル崩壊によって管理費などの滞納が増大。
現在では数千万円を超す膨大な未納金を抱えてしまい、管理組合の運営自体が我慢ならない状態だ。
 さてどうする?

マンションの滞納問題に詳しい弁護士に包括して未納金の回収を依頼した。
合わせて従来の住み込み管理から、シーズン対応の通勤管理へとシフト。
2基あったエレベーターも、シーズンオフには1基を停止して節減に充てた。

  ポイント
粗大ゴミ化するリゾートマンションの行く末!!
民泊の活用
空室率の高いリゾートマンションだからこそ、民泊は有効手段です。
外部(外国人)の人々が利用されることを心配される声もありますが、
むしろ外国ファンドによる買い占めなどのリスクよりはましではないでしょうか。
ホテル収入によって滞納問題にも一石を投ずることもできるかもしれません。


お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

ペット変(飼)えます

ペット飼育可能マンション管理は横浜サンユー株式会社

ペット飼育マンションとの共存・共生

すでにペットの飼育が許可されているマンション。
これからペット飼育を許可しようとするマンションのお手伝い。

ペット飼育マンションの事例–ペットトラブルペットとの共生(ペットマナーの向上)
Aマンション(57戸)。最近のペットブームに合わせて俊工された築3年の新しいマンション。
屋上にはドッグランスペースもあったりとペット飼いに配慮された造りになっている。
しかしながらペット飼育可とは言え、実際に自宅で飼っている方は全体の6割に過ぎず、ここ最近は鳴き声や臭いなどによるトラブルが増加している。

ペット飼育不可マンションの事例–ペットと仲良く!ペットと共存(ペット飼育への開放)
Bマンション(43戸)こちらは築20年の主に1LDKを中心とした単独者向けの投資型マンション。
そこそこ古くなってきた事と、周辺に同様なマンションが増えたことも相まって、ちらほら空室も目立ってきた。
マンションでは犬・ネコなどのペットの飼育は禁止だが、住民の中には密かに猫を飼っている方も複数、目撃されている。
又、最近は仲介不動産屋からのペット飼育の許可についての相談も増えている。
 さてどうする?

Aマンションでは、関連事業「ペットは家族の一員」と連携し、
トレーナーやシッターによる「しつけ教室」を定期的に行っている。
Bマンションでは、ペット規約に詳しいマンション管理士の指導の元、
ペット飼育可マンションに向けて新たなスタートを切り出した。

  ポイント
管理組合運営に通じた当社だからこそのサービスです!
 

お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

理事会変えます

マンション管理は横浜サンユー株式会社

マンション管理士による理事会支援

マンション住民の高齢化に伴う理事のなり手不足
「プロの理事=マンション管理士」を雇いませんか?

安定した理事会運営–頼れる理事会へマンションとしての価値向上
Aマンション(178戸)。築25年、3棟建てのいわゆる団地型マンション。
長く地元の大手管理会社による総合管理体制であったが、会計処理をはじめとする数々の不正問題が発覚、そのことに気づいた住民有志が一致団結、管理組合の運営を得意分野とするマンション管理士の指導のもと、現在大改革を進行している。

理事のなり手不足–理事長に立候補する人は?管理士によるフロント&理事業務の融合
Bマンション(50戸)。築50年を越える市内でも最高齢に近いマンション。
昭和の古き良き時代、歴代の「名物理事長」によって、それなりに適正な管理組合運営がなされてきた。その理事長も御年83歳、気がつけば他の理事も皆70代後半の高齢者。
新たな「理事長」としての重責を担う候補者も現れず、理事会運営が暗礁に乗り上げている。
 さてどうする?

双方のマンションは、幸いにも(管理会社を除く)建物の管理に
関する出入り業者としては比較的友好な関係が続いている。
そこで今回、会計は横浜サンユーへ委託、業者とは管理組合と直接契約を結び、
それまでの理事役員報酬を撤廃してその費用で「プロの理事」として、
マンション管理士を雇用、改善に向けて邁進している。

  最強のマンション管理士
理事会(理事)としての意思決定を代弁できる専門家=それが、マンション管理士です。
NPO法人マンション管理支援協会(神奈川)を始めとする、
東京・埼玉・千葉その他多くのマンション管理士の皆様と協力しながら、マンション再生を目指しています。

お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

会社概要

社長挨拶

横浜サンユー株式会社 マンションとお客様(YOU)の道しるべ(SUN)

マンションとお客様(YOU)の道しるべ(SUN)

マンション管理を包括的(global)に捉えた場合、
むしろその管理形態は細分化(niche)されるべきではないでしょうか?
総合管理だけではなく、自主管理・部分管理・第三者管理など、
時代のニーズに備えた「管理ツール」をご用意いたします。

横浜サンユー株式会社 代表取締役社長 利根 宏

社名 横浜サンユー株式会社
創立 1985年5月23日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 利根 宏
本社スタッフ 7名
現地スタッフ他 30名
本社所在地 〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町3丁目24番地
本町中央ビル7階
TEL/FAX 045−671−9744(代)
045−662−1977
E-mail info@y-sanyu.com
登録免許 国土交通大臣(3)第030763号
主要取引銀行 横浜信用金庫 横浜銀行 東日本銀行 三菱東京UFJ銀行ほか

横浜サンユー地図

横浜サンユー株式会社
本社地図


お電話はこちらからおかけください。0120-644-944横浜サンユー株式会社

メールでのお問い合わせはこちらからお気軽にお問い合わせください。

マンション組合に特化したホームページを作ります!
マンション情報を共有しましょう!

所有者向け
 セキュリティレベルを設定
 大切な資料を整理・保存

外部向け
 マンションと周辺環境の紹介
ページ概要
組合通信 重要事項資料
住民の広場 予定カレンダー
マンション概要  
お気軽にお問い合わせください

Copyright © 横浜サンユー株式会社|マンション管理変えます! All Rights Reserved.